さんれんぷく
EOSkissX2三連複と7D 試行錯誤の毎日。
201708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201710
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
green2
green2



iphone4



スポンサーサイト

テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真

IMG_2862.jpg


iphone4S


テーマ:紅葉 - ジャンル:写真

U-K-#021
U-K-#021



車窓からの。


iphone4





インターネットをはじめ、

書店、図書館で関連本を何冊か読み、

それなりに知識を得ました。


あの半島の方々が日本を嫌いで嫌いで仕方がないのは、

戦後の反日教育によるものだと思っていました。

現在の政府が何らかの理由で転覆し、

ある程度の時を経て正常な理解が進めば、

分かり合える日が来るのではないかと。


甘かった。


あの半島には朝鮮朱子学という、

宗教と言うか学問と言うか、

思考を支配するモノがあって、

反日的な思想は数百年、数千年に及ぶものらしいのです。

建国70年足らずの国なのに。




手遅れか?ニッポン。



テーマ:夕焼けの写真 - ジャンル:写真

U-K-#013
U-K-#013


年の瀬も押し迫ってまいりましたが、

年々、年末らしさ、正月らしさが失われているような気がするのは、

単に私が歳をとったというだけのことなのでしょうか。



極論、あくまで極論ですが、

このまま民主党にまかせておくと、

日本らしさがどんどん失われていく気がします。

TPPしかり、

朝鮮への売国しかり。


ホントになんとかしないと。



iphone 4





ところで最近のこのブログ、

写真カテゴリであるにもかかわらず記事があらぬ方向に進んでいますが、

これもいろいろと考えてのこと。


日本にとって重要なことが、テレビや新聞で報道されていない。

逆に妙な方向に流されてしまっています。


もうそろそろ、

自分には関係のないことだなんてクールな考え方は改めたほうがいい。

具体的な行動を起こす必要はない。

まずは知ること。

こんなカスみたいなブログでも、

通りすがりの誰かが、

今の日本の危うさに気づいてくれることを期待して。




とは言っても、自分が気づかされたのも最近のことなんですけどねぇ。



来年はもう少し撮る方もやりたいと思ってるので、

どうぞお付き合いよろしくお願いします。




2011.12.30





テーマ:夕焼けの写真 - ジャンル:写真

U-K-#012


U-K-#012


言いたいことのとりあえず、ひとつめ。


学生時代に教科書にでてきたっけか?

なんかたまにニュースでやってるけどあれナニ?

って程度の認識だった「従軍慰安婦」



明日、ちょうど韓国の大統領が京都にやってくるらしいので

今日は書きたくってやろうかと。


まぁ、インターネットを使える年代にとっては、

「従軍慰安婦」なんてのは何ひとつ証拠がない「でっちあげ」であるとこは周知のはずだが、

これを子供に説明しようとするとなかなか難しい。

どんなに言葉を選んだとしても無理というもの。




元をたどるとこの問題、

下関の共産党議員・吉田清治の手記「私の戦争犯罪」が発端で、

朝日ジャーナル、朝日新聞の記事に釣られた国会議員の数々の談話によって、

あたかも事実のように認識されるように至ったと。

加藤紘一、宮沢喜一、河野洋平、村山富市、

ほかにもいるんだろうけど、日本のトップとして謝り倒してるんだから聞いて呆れる。

当の吉田清治はウソでしたって言ってるのに。





ちょー簡潔に言うと、

「慰安婦」は存在した。

しかしそれは、強制された「従軍」ではなく、

民間の、今でいうところの「売春婦」であり、

生活のためにこれを仕事としているにすぎず、

しかもその元締めの多くは朝鮮人だった。

そして月収20~50円の時代に、彼女たちは最低300円稼いだと。

慰安婦を強制された物的証拠はなく、

唯一あるのは「自称」従軍慰安婦本人の証言であるが、

話すたびに内容が変化するのが特徴的。



信憑性ゼロじゃないですか。




吉田清治の言葉がすべてを物語ってる。

「人権屋に利用された私が悪かった」





こりゃぁ子供には説明できないわ・・・




iphone 4




そんでまた「女性のためのアジア基金」再開?

そもそも全く必要のない賠償をもう一回やるんですか?民主党は。

増税して?




テーマ:撮ってみた - ジャンル:写真

copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。